ポリグライコプレックスTM(PolyGLYCOPLEXTM)
シリカ系複合糖質分析用HPLCカラム
ポリグライコプレックス カラムは、複合糖質の分析において、水/アセトニトリルなどの揮発性の移動相溶媒を使用することができます。このことにより脱塩処理や、バッファー交換が不要で直接、質量分析装置へ負荷することができます。またこのカラムを使用してオンラインでLC/MS(液体クロマトグラフィ/質量分析装置)にも利用できます。
このカラムの選択性(selectivity)は、逆相分配クロマトグラフィよりも、通常は優れており、分離の溶出パターンにおいては、より一層予想 し易いです(下図18.参照)。なお図18.で表示されている総てのピークは、質量分析装置で解析/確認されたものです。特に選択性は天然糖やピリジルアミノ(PA) 化のように誘導体化された修飾糖の分析に最適です。
通常オリゴ糖の混合物の分析等では、アイソクラチック条件で分離していますが、特に複雑なサンプル等では、グラジエント条件をお勧めします。カラムは微量分析用のマイクロボアカラムから分取用のカラムまで取り揃えています。
他の分離モードと比較しての特徴(例:アミド カラム等)
  1. シアル酸結合糖とアシアロ糖を同じ溶出条件を用いて分離可能

  2. PA化糖及び他の誘導体化糖などの分析において、pH7.3またはそれ以上の高いpHで使用する必要がない

  3. 水/アセトニトリルなどの揮発性の移動相溶媒を使用するので、質量分析装置への直接負荷が可能

products>>