ニッケルNTAキレート スーパーフロー4 (Nickel NTA Chelating Superflow 4)樹脂

ニッケルNTAキレート スーパーフロー4樹脂は、ニッケル・イオン(Ni2+)に対しての親和性で結合するタンパク質を、その結合度合いの違いで分離する金属固定化アフィニティ・クロマトグラフィ(IMAC: Immobilized Metal Affinity Chromatography)樹脂です。金属キレート樹脂としては、その金属への親和性が異なるものが幾つかあります。ニッケルNTAキレート スーパーフロー4樹脂は、特別なトライ・デンテート(tri-dentate)キレート・ケミストリーによって、流速(>30mL/min)とタンパク質吸着量(>50mg/mL樹脂)が至適化されています。

樹脂プロフィール

樹脂基材: アガロース
樹脂架橋度: 4%
樹脂粒径: 60〜160µm
流速*: >23mL/min (>686cm/hour @1.6cm x 20cmカラム)
吸着容量: >50mg/mL樹脂*
pH安定性: pH2〜14
保存温度: 2〜8ºC
保存方法: 20%エタノール
金属浸出量: 微量ニッケル溶出(<0.5%)
状態: 懸濁液
化学的安定性**: 1mM EDTA、20mM DTT、1M NaOH、6M グアニジンHCl、8M尿素。また 一級アミン(トリス、グリシンなど)の使用は、樹脂への親和性を弱め ますので、お勧めしません。
物理的安定性**: pHもしくはイオン強度の変化でも、ほとんど容量が変わりません。

*線流速はカラムの横断面積 (cm2)に対する体積流量 (cm3/hour)です。
**データはリガンドが固定化された樹脂に関するもので、pHや化学的環境に適応します。pH 安定性において、長期間pHの間隔はその後のクロマトグラフィ性能に悪影響を与えない時で、 短期間pHの間隔は樹脂の再生と洗浄工程の時です。

products>>