プライムセップ™(Primesep ™)100カラムを利用した含硫アミノ酸を持つ生体高分子の分離

グルタチオン(Glutathione)は、ほとんど全ての細胞に存在するトリペプチドで、生物学的システムにおいて多数の役割をこなします。グルタチオンはL-グルタミン酸(L-glutamic acid)、L-システイン(L-cysteine)、グリシン(glycine)の三つのアミノ酸から成り立っており、高極性分子です。これらの保持と分離には、特別なカラムと移動相が必要となります。

ここではプライムセップ(Primesep)100カラムとUV検出器を使用して、最も多いグルタチオンを迅速で簡便に分離します。ここで使用されるプライムセップ100カラムは、強陽イオン交換体のインターラクションと逆相分配クロマトグラフィのインターラクションを併せ持つ、最も一般的なミックス・モードHPLCカラムです。少量の硫酸をイオン性修飾剤として移動相に添加することで、容易に移動相の用意ができます。もし分析時間の短縮を追求するなら、より小さい粒径の樹脂と短いカラムをお勧めします。 またこの樹脂は固相抽出用にも利用できます。この分離法はアミノ基を持つ他の極性分子にも応用できます。

 

Topics>>